地籍調査とは

地籍調査とは、国土調査法に基づいて行われる国土調査の一つで、一筆ごとの土地の所有者・地番・地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。

地籍とは、いわば土地に関する戸籍のことです。各個人に戸籍があるのと同様に、土地についても地籍があり、その情報が様々な場面で活用されています。

現在、土地に関する記録は登記所(法務局)において管理されていますが、土地登記簿及び地図(公図)等の多くは、明治時代の地租改正によって作成された地図を基にしているため、土地の境界や面積などの正しい情報が得られない場合があるのが実態です。

地籍調査が行われると、その成果は登記所に送られ、登記簿の記載が修正され、地図が地籍図に更新されることになります。また、土地取引の円滑化や様々な行政事務の基礎資料として活用されます。

 

【地籍調査の効果】

1.境界紛争等の土地に関するトラブルの防止

2.土地利用・取引の円滑化

3.公共事業の円滑化

4.災害復旧の迅速化

5.課税(固定資産税)の適正化

 

※詳細は、国土交通省の  「地籍調査Webサイト」  をご覧ください。


関連ページ

地籍調査事業を実施します

地籍調査実施地区における登記申請時の町経由のお願い

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業課 土地改良係です。

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

電話番号:0280-57-4152

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

野木町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る