2018 新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

今年が皆様にとりまして、実り多い年となりますようにお祈りいたします。町では現在つつがなく町政も進行しております。大きな事件や災害の発生もなく、穏やかに新年を迎えることができますのも、ひとえに皆様方のご協力のお陰と深く感謝いたします。

子どもたちは町の宝

さて、今年の干支である「戌」にちなんで、皆様も多方面で思い切りジャンプし、力強く疾走して成果を出していただければ幸いです。野木町は、子育てしやすく住みやすい町として、大方の皆様に徐々に認めていただいております。若いファミリーがもっと町に移り住んでくださるように施策の充実を図っていきたいと思います。元気に遊ぶ子どもたち一人ひとりがさらにキラリと輝けるような町になることが、私の夢でもあります。一方で、子どもたちの夢はこれからも無限大に膨らみ、その夢の実現のために、私たち大人が共に歩調を合わせていけたら素晴らしいと思います。野木町の子どもたちは私たちみんなの宝として、健やかな成長と夢の実現のためにみんなで応援していきましょう。

2018ふくろう

県南のキラ星★野木町

野木町は栃木県の南の玄関口であるとともに大きな市に囲まれた「かわいらしく、小さな町」でもあります。町内に施設はコンパクトにまとまっているので、暮らしやすい環境にあります。顔の見える関係が生まれ、丁度いい大きさなのかもしれません。「小さくてもキラリと光るまち野木町」がもっときらきら輝くためにも町の認知度を高めていきたいと思います。今年はあらゆる機会に、町の観光資源を最大限活用してまいります。煉瓦窯やひまわりの花、ふくろうも棲む招福のまちを宣伝し、町の誇りが皆様の胸にしっかりと刻めるように努力してまいります。

―支えあう町―

私たちは一人では生きていけません。「人」の文字のように、誰かと支えあってこそ勇気が湧いてくるというものです。顔が見える形で支えあうしくみが野木町ではできると思います。今年も引き続き、自助、公助、共助の研究と実践を心に留めてまいりたいと思います。みんなが助けあえる社会のネットワーク作りも更に進めてまいります。多くの人々の支えあいのしくみができ、福祉のまちに相応しい姿を作っていきます。

―花とレンガの町―

ところで、今年の4月~6月は、デスティネーションキャンペーンがいよいよ本番となります。みんなで野木町を「ひまわりの里」として宣伝していきましょう。そして、なんといっても7月の「ひまわりフェスティバル」と野木町煉瓦窯の行事はみんなで大いに盛り上げていきましょう。

以上、年の初めにあたり、私の抱負の一端を申し上げましたが、今後もより良いまちづくりを目指して前進していきたいと思います。それには何といっても皆様のご協力が必要ですので、どうぞよろしくご支援の程をお願い申し上げます。

今年も皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りし、新年のご挨拶といたします。

2018町長
真瀬宏子

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 秘書広報係です。

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

電話番号:0280-57-4133

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

野木町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る