2020 新年のごあいさつ

 新年あけましておめでとうございます。令和2年、新元号となってはじめての新春を穏やかに迎えられたこととお喜び申し上げます。今年も皆様にとりまして、素晴らしい年となりますようにお祈り申し上げます。また、皆様がさらにこの町で幸せを実感できる年となりますように、心から願っております。
 昨年は地球温暖化のせいか、各地で大きな自然災害が続きましたが、本町にも台風第19号が襲来しました。野木町では多少農産物被害は出たものの、大きな被害もなく終わりました。これも町民の皆様および関係機関のご協力のお陰と感謝しております。町では義援金募金や復興ボランティアにおいて、多くの町民の皆様のご協力をいただきました。優しい皆様の気持ちが、被災された方々に届き、私のところにお礼の言葉が何度も寄せられておりますことをお伝えいたします。被災された方々におかれましては、現在も対応に追われていらっしゃると思いますので、一日も早い復興を望むばかりです。

誰もが暮らしやすい「協働のまちづくり」

 現在、町では「子育てしやすく住みやすいまち」をモットーに、特に子育て世代の移住定住に力を入れています。昨年の民間調査機関の報告によりますと、野木町が「本当に魅力ある自治体」として、県内市町の中で第一位となりました。特に教育分野では全国第15位にランク付けられました。
 魅力的な町づくりで県内第一位は、大いに自慢できることですので、今後も暮らしやすさとあわせて、町の魅力を発信してまいります。
 この輝きをさらに強くするためにも、安全・安心のまちづくり、少子高齢化対策、町の活性化策には力を入れて、誰もが暮らしやすい環境を整えていきたいと思います。
 まちづくりの理念は何といっても「協働のまちづくり」が基本ですので、町民の皆様としっかりとした協力体制をつくって進んでいきたいと思います。

スポーツが繋ぐ「ワンチーム・野木」

 7月にはオリンピック・パラリンピックが開催されます。みんなで力を合わせて町へお越しになるお客様をおもてなしし、野木町駅伝競走、フラワーカーペット、ひまわりフェスティバル、煉瓦窯周辺フェスタ等、様々なイベントを通してオリンピックの年を盛り上げていきたいと思います。
 さらに、令和4年には「いちご一会とちぎ国体」が開催されます。野木町も競技開催地として、益々にぎやかさを増すことと期待しております。

未来へ「持続可能な野木町」

 また、読書の町宣言をした野木町としても、文化の薫り高い町の推進を図り、皆様の文化活動が活発に行えますよう配慮してまいります。
 本年は「第8次野木町総合計画」の後期に移行する大事な転換期として、町の未来に皆様の夢が描ける持続可能な野木町となりますように計画を作ってまいります。そして引き続き「小さくてもキラリと光る」自治体として「小さくても暮らしやすい町」を尚一層発展させてまいります。
 皆様の夢が実現に向かいますことを願いますとともに、ご健勝ご多幸を心よりお祈りいたしております。
 本年も町政への変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。

2020町長新年のごあいさつ

真瀬宏子

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 秘書広報係です。

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

電話番号:0280-57-4133

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

野木町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る