1. ホーム
  2. 令和2年国勢調査

令和2年国勢調査

2020国勢調査

令和2年国勢調査のキャッチコピーは、
「#みんなの国勢調査」
国勢調査100年

   令和2年10月1日は、5年に一度行われる国勢調査の実施日です。大正9年(1920年)の調査開始から、100年の節目を迎えます。
   国や地方公共団体が正確な統計に基づいて、公正で効率的な行政を行うためには、日本に住むすべての人・世帯に漏れなく、正確な回答をしていただく必要があります。
   令和2年国勢調査へのご協力・ご支援をお願いします。

 

令和2年国勢調査の概要

   調査の流れはこちらをご覧ください。
   調査の流れ( 「国勢調査2020総合サイト」総務省統計局 )

 調査の期日及び調査の対象

   令和2年10月1日現在で、日本国内に普段住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

調査事項

世帯員について

   「男女の別」、「出生の年月」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など全15項目

世帯について

   「世帯の種類」、「世帯員の数」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

調査方法

   総務省統計局の「新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた令和2年国勢調査の実施について」に則り、野木町では、新型コロナウイルス感染症の発生と感染拡大防止の観点から、世帯の皆様と国勢調査員が できる限り対面しない方法で実施します。

調査の回答方法

   調査員が、調査票及びインターネット回答利用ガイドを各世帯に配布しますので、以下の方法のうち、 どれか1つを選択し必ず御回答ください。

  • 24時間いつでも簡単、便利なインターネット回答がオススメです♪
    新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、できる限りインターネットでの回答に御協力ください。

1.インターネットで回答する

   仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中不在がちにすることの多い世帯であっても、調査期間中は いつでもお好きな時間に回答できます。パソコン・タブレット・スマートフォンから回答が可能です。

 

2.調査票を郵送で提出する

   記入した調査票を郵送用封筒に入れ、ポストに投函してください。(郵送料金はかかりません。)

 

3.調査票を調査員に提出する

   やむを得ず (1)・(2)の方法で回答できない場合は、調査票回収のために、調査員が世帯を訪問しますので、 記入した調査票を提出して下さい。

 

 

調査の結果利用国勢調査の調査結果は、様々な行政施策の基礎資料として利用されます。
  • 各種法令に基づく利用(衆議院議員選挙区の改定、地方交付税の算定のための基礎資料)
  • 行政上の施策への利用(少子・高齢化対策、防災対策、雇用対策のための基礎資料)
  • 学術研究などへの利用(将来人口・世帯数の推計のための基礎資料)
個人情報の保護

   個人情報は厳格に保護されておりますので、御安心ください。国勢調査は、統計法によって厳格な個人情報 保護が定められており、国勢調査に従事する者には、統計法による守秘義務が課せられています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策課 政策係です。

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

電話番号:0280-57-4101

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

野木町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る