個人情報保護制度 請求の手続きについて

請求の手続きについて

個人情報の開示を請求したい方は、役場2階総務課庶務文書係に所定の開示等請求書を提出してください。

開示等の決定について

請求書の提出があってから原則として15日以内に開示・非開示の決定をします。
開示及び部分開示の場合は閲覧等の日時等を、非開示の場合はその理由等をお知らせします。

公開に係る費用

開示請求及び閲覧は無料ですが、写しの交付を受ける場合は、次の実費相当額をいただきます。

区分単位金額備考
乾式複写機による写し
(日本工業規格A列3番以内の大きさのものに限る。)
モノクロ 1枚 20円 原則として現金
カラー 1枚 100円
上記以外の写し 1件 作成に要した額 原則として現金
写しの送付に要する費用   郵便料金の額 原則として切手

開示しないことができる情報

個人情報保護制度は、開示を原則としていますが、開示することによって町民に不利益を与えたり、行政の適正かつ円滑な執行に支障を生じるなどの理由で公開されない情報があります。

  1. 法令等の定めにより開示することができない個人情報
  2. 第三者に関する情報が含まれる情報で、当該第三者の正当な権利利益を害するおそれのあるもの
  3. 個人の指導、診断、判定、選考、相談、評価等の事務に関する個人情報で、当該もしくは同種の事務の目的が達成できなくなり、又はこれらの事務の公正かつ適切な執行に著しい支障を及ぼすおそれのあるもの
  4. 個人の生命、身体、財産等の保護、犯罪の予防、捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすと認められる個人情報
  5. 実施機関内部における審議、協議、検討、調査研究等に関する個人情報で、当該事業又は同種の審議、協議、検討、調査研究等における公正かつ適正な意思形成に著しい支障が生ずるおそれのあるもの
  6. 実施機関、国等の機関が行う取締り、監督、立入検査、許可、認可、試験、入札、交渉、渉外、争訟等の事務に関する個人情報で、当該若しくは同種の事務の目的が達成できなくなり、又はこれらの事務の公正かつ適正な執行に著しい支障を及ぼすおそれのあるもの
  7. 未成年者の法定代理人より開示請求された情報で、当該未成年者の利益に反すると認められるもの
  8. 前各号に掲げるもののほか、審査会の意見を聴いて、開示しないことが適当であると実施機関が認めるもの

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 庶務文書係です。

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

電話番号:0280-57-4119

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

野木町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?