令和4年度施政方針

―はじめに―

   令和4年第2回野木町議会定例会の開会にあたり、町政にあたる所信の一端を申し上げます。

   昨年は新型コロナウイルス感染症の収束が見込めないまま、栃木県においても緊急事態宣言が発令され、今年に入りましてもオミクロン株の猛烈な感染拡大により、1月27日より県内全域に「まん延防止等重点措置」が適用され、現在も解決の見通しがつかない状況が続いております。町民の皆様には、長期にわたる自粛等でご協力をいただいており、この場を借りまして感謝を申し上げます。

   また、感染拡大防止に昼夜を問わずに取り組まれている多くの医療従事者の皆様や、常時社会基盤を支えるために、休まずにご尽力いただいているエッセンシャルワーカーの皆様にも深く敬意を表し、御礼申し上げます。また、感染され、苦しんでおられる方々におかれましては、一日も早いご快癒を、心よりお祈りし、お見舞い申し上げます。

   このような状況下で、町は町民の生命を守ることを第一に、ワクチン接種に積極的に取り組み、出来る限りの予防策・支援策を実施してまいりました。現在まで、計11回の補正予算を組ませていただき、対応してまいりました。ウィズコロナ、アフターコロナを見据えて、町民生活と地域経済がともに安定して進められるように、適切に施策を促進してまいります。現在3回目のワクチン接種を進めておりますが、接種対象者の拡大等、充分な研究を進めて、一日も早い安心した町民生活を獲得したいと思います。それには町民の皆様と一体となり、「オール野木」体制でこの難局に立ち向かってまいりますので、引き続きご協力のほどをお願い申し上げます。

   それでは令和4年度の町政運営の基本方針を申し述べます。

―町政運営の基本方針―

   町は、引き続き第8次野木町総合計画「キラリのぎプラン」後期基本計画および第2期野木町総合戦略等に基づき、「水と緑と人の和でうるおいのあるまち」を将来像に掲げ、まちづくりの基本理念を「やさしさとやすらぎに満ちた明るいまち」と位置づけ、人々が和やかに、明るく、町民それぞれの幸福感が増していくようなまちづくりを目指して、各施策の実現に、力を尽くしてまいります。

   令和4年度においても、まず新型コロナウイルス感染症対策、コロナ禍における町民生活や経済活動の安定・回復に向けて、さらに支援策を進めます。またSDGsの理念を取り入れた持続可能なまちづくりや、国が提唱するデジタル田園都市国家構想及び全庁的なDXの推進を図ります。さらに国土強靭化地域計画に基づいた防災・減災対策の強化に取り組んでまいります。

   町ではこれまでも、「子供は町の宝」と考え、子育て支援の充実をはじめ、社会保障や福祉、教育に力を入れてまいりました。引き続き、「子育てしやすく暮らしやすいまち」野木町を推進して、「子育てするなら野木町で」と言われるように、努力してまいります。町の未来を担う大切な子供達を地域全体で育み、成長した暁には、町を背負っていただけるように若い力をみんなで育てていければと思います。

   昨年も、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、各種イベントにおいては縮小や中止を余儀なくされましたが、本年度は町の一大イベントである「ひまわりフェスティバル」など、感染症対策を十分に考慮しながら、町の活性化に寄与するイベントの開催に向けて準備をしてまいりたいと思います。

   さらに、第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」が開催され、本町もハンドボール・バウンドテニスの開催会場となりますので、オール野木体制により、大会が成功するよう努めてまいります。

   厳しい財政状況が続く中ではありますが、私達行政には柔軟性をもった効率的かつ持続可能な財政運営が求められております。このような状況下にあっても、町は常に町民の視点に立ち、町民との協働事業を優先的に進めるとともに、町民の満足度を増すような町づくりの実現に向けて、町民の皆様と共に進んでいけたらと思っております。

   今年度も、戦略的に取り組んでいく施策として、「安全・安心のまちづくり」「少子高齢化対策」「町の活性化策」の3重点施策を中心に行政運営を行ってまいります。

   それでは、3重点施策の主なものを申し上げます。

―令和4年度の重点施策―

(1)安全安心のまちづくり

   安全安心策として、新型コロナウイルス感染症対策を最優先に進め、まずは3回目のワクチン接種の早期終了を目指すとともに、PCR検査キットの購入、自宅療養者の生活支援、公共施設における感染症防止対策用品の購入等を行い、徹底した感染防止対策に努めてまいります。

   防災減災対策として、第3回となります全町避難訓練を10月に実施したいと考えております。本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが、令和4年度は感染症拡大の状況を勘案し、関連団体等と協議の上、有意義な避難訓練が出来ればと思っております。

   大雨災害対策として、引き続き逆川排水機場の耐震補強工事及び電気機械設備改築工事委託を実施いたします。思川右岸につきましては、引き続き川西地区の水防拠点整備を進めるとともに、盛土工事等の整備促進について、国に要望してまいります。また思川左岸につきましては、国において、松原大橋上流の築堤のため、用地買収に向けた事業説明会を行い、境界確認等を進めていただいております。今後も国と連携し、早期完了に向けて事業を推進してまいります。いずれの事業につきましても、近年の記録的な豪雨や大型台風、地震などの自然災害の激甚化、頻発化、広域化に対応するため、「野木町国土強靭化地域計画」に基づき、引き続き安全・安心なまちづくりの推進を強化してまいります。

   道路整備においては、町民の安全確保を第一に、友沼橋の橋脚等長寿命化工事の実施や、二級幹線9号線他1路線への側溝整備工事を行います。また、公共交通対策として、地域公共交通計画の策定や引き続きデマンドタクシーの運営により、利便性の高い公共交通に努めるとともに、自転車用ヘルメット購入に対する補助を行い、町民の安全確保を支援します。

(2)少子高齢化対策

   人口減少や少子高齢化の進展に伴い、町民が抱える悩み事は複雑化・複合化し、多様なニーズへの対応が大変困難となっております。そのような中、総合サポートセンター「ひまわり館」では、子育て中の若い世帯や高齢者の方、生活困窮や障がいをお持ちの方等の様々な相談や支援をワンストップで行っております。これは国の進める地域共生社会の実現に向けた重層的支援体制整備事業とも合致しますので、引き続き包括的な支援体制の充実を図る一環として推進します。

   また、妊娠から出産、子育てまで、切れ目のない支援を行うため、子育て世代包括支援センター事業にも力を入れるとともに、新年度より特に子どもの虐待等に対応するため、「子ども家庭総合支援拠点」を教育委員会に設置し、互いに連携し、一体的に取り組んでまいります。

   さらに、子育て支援策としまして、引き続き18歳までの医療費無料化や出産祝金、第3子以降小中学校等入学祝金支給を行ってまいります。また、多くの共働きのご家庭を支援するために、保育園、学童保育ともに待機児童ゼロを目指すとともに、1歳児担当保育士の増員や、感染症対策のための補助員の配置など、安全安心な園の運営ができるよう保育体制の支援の強化に努めてまいります。

   学校教育部門では、引き続き町単独で非常勤講師、支援員、スクールカウンセラー等を加配し、児童生徒一人ひとりの個性の伸長を目指します。GIGAスクールにより整備したICT教育の環境を十分に活用していくとともに、給付型奨学金制度も継続実施いたします。また、佐川野小学校の屋外防水外壁改修工事の実施設計を行うとともに、友沼小学校の駐車場用地買収及び整備工事等を行い、教育環境の整備に努めてまいります。さらに、英語教育の充実を図るため、ALT全校配置、英検3級の検定料補助等を継続するとともに、特に英語力向上推進リーダーについては、これまでの小学校教職員だけでなく、中学校の教職員に対しても巡回指導を実施してまいります。

   読書のまちづくりといたしましては、子どもの読書意欲を喚起するために、学校図書館司書を引き続き全校に配置するとともに、ブックスタート、ブックプラスワン事業等を継続し、「きらりと光る読書の町野木宣言」にふさわしい読書活動を推進いたします。

   高齢者への支援策としましては、皆様がいつまでも安心して健やかに生活できるよう、フレイル予防等の各種教室や講習会を開催し、サポートしてまいります。また、地域での高齢者の集いの場や生きがいづくりを支援するため、各地のふれあいサロンや老人クラブ等、集いの場の活動を継続して支援します。また、一人暮らしや高齢者のみの世帯の方には、安全安心見守りネットワーク事業に加え、緊急通報装置の貸与を行い、軽度生活支援事業、外出支援事業等もご利用いただき、一人ひとりの状態に応じて安心した自立性の高い暮らしが続けられますように支援してまいります。高齢者への配食サービス、高齢者等のごみ出しサポート、町外の病院等への高齢者通院時タクシー料金助成、高齢者等見守りキーホルダー交付などの事業も継続してまいります。いずれの事業においても、関係機関との連携や協働により、高齢者の皆様の行き届いた生活支援の充実を目指してまいります。

(3)町の活性化策

   昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により、規模を縮小して実施した「ひまわりフェスティバル」ですが、本年は感染防止対策を徹底しながら、「ひまわりの里」野木町にふさわしいフェスティバルとなるように企画し、多くの方にご来場いただけるよう開催を目指してまいります。

   また、煉瓦窯における煉瓦窯フェスタ等も実施してまいりたいと思います。農・商・工一体となった産業振興による地域経済の活性化を図るために、産業祭も開催してまいります。町民の皆様、各団体の皆様と行政との協働の事業として、賑わいが創出できるイベントにしていきたいと思っております。

   また野木町文化会館においては、文化・芸術に親しみ、楽しむことができるよう、町民にとって、より利用しやすい会館を目指すとともに、町の文化振興に役立つ施設として運営してまいります。

   農、商、工の活性化としましては、農業経営安定化事業、中小企業融資策、企業誘致奨励関連事業等により、産業の振興を図ってまいります。さらに、引き続き農業の法人化や経営規模の拡大、そして新規就農者の育成等を進めることにより、町の大きな課題である後継者不足や不耕作地の解消に努め、町の基幹産業である農業の振興のために支援を促進させます。

   次に、町民の皆様がいつまでも健康でいきいきと暮らせるよう健康タウン促進策としまして、引き続き“肺がん”と“大腸がん”の検診の際の自己負担ゼロを継続してまいります。がんの早期発見、早期治療に大変有効であることから、さらに多くの皆様に検診に来ていただけるよう周知してまいります。

   10月には、「いちご一会とちぎ国体」が開催されます。本町はハンドボール競技会場となることから、共催市であります栃木市や下野市、県ハンドボール協会等と連携しながら、大会の成功に向けて全町体制で準備してまいります。

   また、EVの公用車導入による脱炭素化社会の推進やDXの推進など、時代に即応したまちづくりを進めてまいります。

   野木町は、「子育てしやすく暮らしやすい町」を推進し、多くの人を呼び込み、多くの人に住んでいただけるように、定住促進の補助、移住支援金等を継続実施し、移住定住の促進を図ってまいります。さらに、緑豊かな緑地資源の保全や活用を図りながら、中心市街地の活性化を進めてまいりたいと考えております。

   以上3重点施策につきましては、いずれも町にとりまして、重要な施策ばかりですので、確実に実行し、町の発展に繋げてまいりたいと思っております。

―予算編成の基本方針―

   次に令和4年度の「予算編成の基本的な考え方」についてご説明申し上げます。

   新年度予算案につきましては、国や県の補助金などを活用して財源を確保するとともに、歳出では事業の見直しを図り持続可能な予算編成といたしました。

   令和4年度一般会計予算(案)は、81億8,600万円とし、昨年度と比較して、4億2,800万円、約5.5%の増額としたところであります。予算総額の増額については、新型コロナウイルス感染症対策費やいちご一会とちぎ国体事業費等が主な増額理由となっておりますが、継続的に3重点施策を推進するための予算組みとしております。

   また、4つの特別会計予算(案)の合計は、52億9,050万7千円とし、昨年度と比較して1億4,654万円、約2.8%の増額でございます。

   また、一人当たりの保険給付費の増加等により、国民健康保険特別会計は増額となり、高齢化の進展に伴う被保険者数の増加及び介護給付費の伸びにより、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計においても増額となっております。

   水道事業につきましては、料金収入が安定しており、引き続き堅実な経営を維持してまいります。

   また、下水道事業におきましては、地方公営企業法に則し、適正かつ堅実な経営を行ってまいります。

   以上が令和4年度予算編成の概略でございます。なお、執行にあたりましては慎重かつ細心の注意を払ってまいります。

―むすびに―

   現在の町の財政事情は、引き続き厳しい状況ではありますが、限られた財源の中、令和4年度もあらゆる工夫を重ねて、町民生活の利便性の向上、安全安心の確保さらに町の活性化のために全力で取り組みます。

   新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、町民の皆様は不安な思いを抱きながら生活されていることと思います。私たち行政の願いは、町民の皆様が安全に安心して充実した生活を送っていただくことです。そのために、国や県、他自治体とも連携を取りながら、スピード感を持って、各事業にあたってまいります。またコロナの難局に立ち向かうためには、町民の皆様のご協力が必要不可欠となります。現在においても、感染症対策には多大なるご協力をいただいておりますが、町民、議会、行政の「オール野木」体制で新型コロナウイルスに立ち向かってまいりたいと思っております。

   また、各施策の推進にあたっては、多様な生き方や価値観が認め合え、支え合うことができる町づくりが大切であり目指すものと考えます。現在の社会情勢は、加速するデジタル化や緊張を増す国際状況、新型コロナウイルス感染症の影響や基本的な人権問題など、日々目まぐるしく変化する激動の中で、わが町も対応を迫られております。しかし、DXの推進や脱炭素化への取り組み、LGBTQなどを含むパートナーシップ制度の検討など、時代に即応し、SDGsの理念に沿った持続可能な行政運営は、しっかりと実現しなければと思っております。

   さらに、野木町は令和5年1月に町制施行60周年を迎えますので、実行委員会を立ち上げ、記念の事業内容等を検討してまいります。

   最後になりますが、本町は「やさしさとやすらぎに満ちた明るい町」をまちづくりの理念としております。「小さくてもキラリと光る野木町」がさらに輝きを増すよう、町民との協働事業を促進し、町民の皆様の笑顔がさらに輝くように力を尽くしてまいります。

   皆様のご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げまして、令和4年度の施政方針といたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策課 政策推進係です。

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

電話番号:0280-57-4101

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

野木町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る